本文の開始

日本ヨーガ瞑想協会 YOGA.jp - 綿本彰によるヨガ瞑想指導者養成トレーニング

綿本彰によるヨガ養成指導者トレーニング。週末通学/集中合宿が選べる、高い技術が学べるヨガインストラクター養成。パワーヨガ、ヴィンヤサヨガ、ラージャヨガ、瞑想の講師を育成。

綿本ヨーガスタジオ

  • トレーニングの特徴
  • ヨガ・瞑想を知る
  • 綿本彰ヨーガスタジオ
  • 卒業生・教室サーチ

YOGA.jp(日本ヨーガ瞑想協会)では、1978年の発足以来 30年以上に渡り、ヨガ指導者や瞑想指導者の育成を行なっており、また、毎年世界各地で最新のヨガに触れ、理論や技術のブラッシュアップをはかっています。そんな、伝統と最先端が融合したトレーニングの概要を、以下にご案内したいと思います。

トレーニング3つの特徴

YOGA.jp主催のヨガ・瞑想指導者トレーニングは、指導練習など一部のカリキュラムを除き、全講義を 綿本彰 が直接担当しています。その「こだわり」の真相とも言える 「トレーニングの特徴」 は主に3つあります。

ひと繋がり

『ひと繋がり』のトレーニング

ヨガを深く理解するには、哲学、解剖学、身体論、アーサナ(ポーズ)理論などが、バラバラに解説されるのではなく、ひと繋がりの理論に基づいて解説されることが大切だと考えます。

詳しく読む...

個体差

『違い』を認めるトレーニング

安全で効果的なアーサナ(ポーズ)を行うには、一般的(平均的)な身体理論を学ぶと同時に、骨格の個人差を理解した上で身体の使い方を学ぶことが大切だと考えます。

詳しく読む...

実感

『実感』を大切にするトレーニング

実際のヨガクラスの指導を行う際、ヨガの知識や技術に加え、どこまでヨガが目指す状態を心身で実感しているかということが、とても大切なポイントになると考えます。

詳しく読む...


全米ヨガアライアンスの認定講座

全米ヨガアライアンスの認定講座

当トレーニングは、全米ヨガアライアンスの認定講座となっています。ですから、トレーニング修了時には、日本ヨーガ瞑想協会の修了認定に加え、全米ヨガアライアンスの登録講師であるRYT200(Registered Yoga Teacher)へ...

全米ヨガアライアンスの情報ページ

こだわりのカリキュラム

カリキュラム

徹底的にこだわりぬいた、日本ヨーガ瞑想協会(YOGA.jp) 主催のヨガ・瞑想指導者トレーニング。そのカリキュラムは、全米ヨガアライアンスが提唱するの数値基準を満たしながらも、完全に独自に練り上げたオリジナル プログラム...

ヨガ指導者トレーニング カリキュラム

スケジュール / 費用

カリキュラム

私たちの 指導者トレーニングは、全講義を綿本が担当するため、基本的に年一回の開催となっています。また、様々な環境の方々にご受講いただけるよう、原則として週1~2回の通学形式トレーニングと、9泊10日×2セットの合宿...

次回の開催スケジュール / 受講費用

トレーニング修了後のフォローアップ

フォローアップ

トレーニングが修了すると、なかなか継続した指導者向けの教育を受けにくいのが現状。当協会では、そんな修了生の方々のために登録講師というポジションを設け、ウェブ上でご自身の活動をPRしていただくと同時に、継続的な教育...

登録講師の概要 / 登録申請ページ

綿本ヨーガスタジオ

東京銀座有楽町ヨガ教室 YOGA.jp

ページの終了