本文の開始

日本ヨーガ瞑想協会 YOGA.jp - 卒業生メニュー

綿本彰によるヨガ指導者トレーニング。週末通学/集中合宿が選べる、高い技術が学べるヨガインストラクター養成。パワーヨガ、ヴィンヤサヨガ、ラージャヨガ、瞑想の講師を育成。

ヨガ指導者トレーニング 日本ヨーガ瞑想協会 YOGA.jp

ヨガ指導者トレーニング > 登録講師専用ページ

『登録講師』専用ページ

このページは、登録講師(卒業生)ページへのログイン、新規/継続登録を行うページです。
全国の登録講師/登録校をお探しの方は、【全国登録校サーチ】【全国登録講師サーチ】をご利用ください。

講師登録の方は、次のログインボタンをクリックして、
ログインID(メールアドレス)とパスワードを入力し、登録講師専用ページをご利用ください。

パスワードを忘れた方はこちら

登録講師について

登録講師とは、YOGA.jp(日本ヨーガ瞑想協会)が主催するヨガ指導者トレーニングを修了し、 さらに継続した学習とスキルアップを続けている講師のことです。

登録講師は、協会名やYOGA.jpのロゴの使用、クラスの進行資料の閲覧、当HPでの指導先の公開、 綿本が担当するイベントクラスのアシスタントなど、様々なフォローアップを受けることができます。

登録講師の条件

(1) 2006年度以降、日本ヨーガ瞑想協会主催の指導者トレーニングを修了している方

(2) 協会や綿本のヨガに対する考え方に賛同できる方

(3) 卒業後、トレーニング受講規約(金銭を受け取っての指導者育成など)に違反がない方

(4) パソコンやスマートフォンでメールを受信したり、ページを閲覧できる方

登録講師の特典

(1) 日本ヨーガ瞑想協会の登録講師として、肩書きに記載することができる

(2) 自分のホームページや名刺などに、YOGA.jp のロゴを使用することができる

(3) YOGA.jp の登録講師一覧ページで、講師情報がリストアップされる(ニックネーム可)

(4) YOGA.jp の登録校一覧ページで、指導先の情報を公開することができる

(5) ワークショップ、リトリート、ヨガフェスタなどのアシスタント募集の際、応募することができる

(6) 綿本のクラスを登録講師用1回チケット(\3,000)でドロップイン受講することができる

(7) フィットネスクラブなどから講師紹介の依頼があった際、その斡旋を受けることができる

(8) 毎月、綿本から発信されるメッセージ(彰通信)を受け取ることができる

登録講師の申請方法と費用について

登録講師への申請方法は以下をご確認の上、登録申請フォームからお願いいたします。

※入金方法などは、ご登録時に送信されるメールに記載していますので、そちらをご確認ください。

アカウントを継続しての申請 (前年度登録者に限る)

昨年度登録データ(講師ID・登録情報)を継続しての登録となります。
・費用は、申請月に関わらず、4月から翌3月までの 年会費\5,400(税込) になります。

※テーマ説明資料は、過去に遡り最大一年分の閲覧が可能です。
すでに配信済みの彰通信は再送できませんのでご了承ください。

新規アカウントでの申請

新規アカウントを作成してのご登録となります。
・過去の登録データ(講師ID・登録情報)は使用できません。
・費用はお申込み月から次の3月までの月割計算 \540(税込)×月数になります。

※テーマ説明資料は、登録日以降に配信された分のみ閲覧可能です。
すでに配信済みの彰通信は再送できませんのでご了承ください。

 

お名前
トレーニング受講年
E-mail
E-mail(確認)
申請タイプ(上記参照)
アカウントを継続しての申請(前年度登録者に限る)
新規アカウントでの申請
規約をお読みください

キャンセル規定を承諾する  キャンセル規定を承諾しない

入力内容を確認し、送信する

パスワードをお忘れの方へ

仮パスワードをご登録のメールアドレスにお送りいたします。

以下にメールアドレスをご入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

E-mail 送信する

※ユーザー名をお忘れの方は、恐れ入りますが、こちらよりお問い合わせください。

ページの終了